七五三について

HOME | 七五三について

七五三とは

子供の成長を祝う行事として古くから執り行われている七五三。
七五三は子供の成長を祝う大切な行事で、毎年11月15日に3歳・5歳・7歳の子供たちを祝うのが慣例です。
しかしながら、七五三の意味や由来まで知っているという方は少ないかもしれません。
お子さんやご家族の七五三のお祝いをする前に、七五三の意味を改めて確認して本番を迎えて頂ければと思いますので、是非ご覧ください。

 七五三の由来とお祝いの意味

七五三のルーツをたどると、古くから3つの儀式が執り行われていたことがわかります。
・髪置きの儀(かみおきのぎ)
古くは平安時代、武家では男女の子供がそれまで短く剃っていた髪を伸ばし始める3歳ごろに行われていた儀式。
・袴着の儀(はかまぎのぎ)または着袴の儀(ちゃっこのぎ)
同じく平安時代に、5~7歳の男の子が初めて大人のように袴を着用する際に行われた儀式。
江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。これらの儀式が一番古い七五三の起源とされています。
・帯解の儀(おびときのぎ)
鎌倉時代に入ると、9歳の男女に行われる儀式が始まりました。この儀式より大人と同じように帯を結ぶようになります。
その後室町時代までは、男女ともに9歳に行われていましたが、江戸時代末期からは5歳の男の子・7歳の女の子と変わっていきました。

このような室町時代からおこなわれていた儀式が江戸時代になると、武家や裕福な商人たちの間でおこなわれるようになり、明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて「七五三」と呼ぶようになりました。
そして徐々に庶民にも広がり、近代になって現在のような「七五三」として定着していきました。
 
ちなみに、11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が自身の子供である、後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日にちが関係しているようです。
現代では学校や仕事の関係上、平日に七五三詣に出向くことが難しいのでこの日にこだわらず行われています。
 
現代のように、医療が発達していなかった時代では幼い子の死亡率がとても高く、「7歳までは神の子」と言われていました。
このことからも分かるように、当時は7歳まで元気に成長することが当たり前ではありませんでした。
 
七五三は、子供が無事に育っていることへの感謝を伝え、さらにこれからの成長を家族全員で願う大切なお祝い事なのです。

 
七五三詣り女の子
三才女の子七五三出張撮影

男女の違い

七五三の由来でもご紹介した通り、古い歴史のある七五三は男女それぞれの儀式があります。3歳・5歳・7歳の全ての男女にお祝いをするわけではありません。
年齢と性別は下記のように定義づけられています。
3歳:男女とも
5歳:男の子のみ
7歳:女の子のみ
この年齢は、平安時代において、男女ともに髪を伸ばし始める時期の髪置きの儀式、男の衣服である袴を着始める袴着の儀式に加え、女の子が初めて本格的な着物の帯を締め始める帯解の儀式が関係しています。

 七五三のお祝いの仕方

七五三のお祝いには着物を着て、神社へお参りするのが一般的です。
七五三の日は11月15日とされていますが、11月15日に必ず行かなければならないという訳ではないので、15日当日が平日の場合には、前後の週末や祝日など休日に合わせて神社へお参りする場合がほとんどです。
行く神社に決まりはありませんので、小さなお子さんの負担にならないようにご自宅からの距離やゆかりのある神社など事前に調べ、ご家族で決めましょう。
またお詣りだけでなく、祈祷する場合は神社によって祈祷料が異なり、千歳飴のほかに御守りやおもちゃ・文具など頂ける粗品も違いますので、事前に調べて行くのも良いかと思います。
 
ご家族様にとって想い出に残る素敵な1日になりますように…

 
堺市七五三出張撮影方違神社